2006秋のツーリング-1


10月21,22日に秋のツーリングに行ってきました。
今回は今迄とは少々趣向を変えてみました、と言うのは今迄
は景色の良いワインディングの走りを楽しみ、その後は鄙びた
山間の温泉に浸かる、と言った二本柱でやってきましたが今回
はちょっと観光をしてみようと思い飛騨の高山へ行ってきました。
高山での観光の時間を取る為に何時もより1時間早い6時30分
に中央道談合坂SAに集合して7時少し前に出発、諏訪ICで下りて
杖突峠を越えて高遠→伊那から今年の2月に開通した権兵衛
トンネルを抜けて国道19号で木曽福島→開田高原→高山と言う
談合坂を起点に凡そ280kmのコースです。
飛騨高山と言えば今ではすっかり有名観光地となりご存知の方
も多いと思いますが、その歴史は古くこの都から遠く離れた山間
僻遠の地で万葉の頃から町ずくりにいそしみ、特に戦国時代に
金森長近がこの地に居城を築くにいたって飛躍的に発展しました。
町並みは京風にならって碁盤目に整備され、中心部を流れる宮川
を境に耕地と市街地に振り分けられました。その後徳川時代となり
元禄の頃にこの地の鉱物資源や森林資源に目をつけた幕府により
幕府直轄の天領となりました、そうした歴史のなかで独特の伝統
文化」を育んできました。今でも上一之町、ニ之町、三之町、
下一之町、ニ之町、三之町などには当時の面影をしのぶ、久しい
星霜を経てきた建物が沢山残り多くの観光客を引き付けています。
実は高山は好きな場所で若い頃に何度も訪れた事のある町です
が、ここ20数年は訪れていませんでしたただ、ここ3年ほどは
British Classic Marathon と言うイベントで高山に来ていますが
郊外のホテルに着くとそこから外へ出る事は全く有りませんでした
ので久しぶりの高山でした。







 談合坂SAを出発してノンストップで杖突峠まで来ました。


















杖突街道の途中で給油、何時ものことながら時間が掛かります。



今年2月に開通した権兵衛トンネルです、名前の由来となったのは権兵衛峠ですが、
権兵衛峠は、元禄時代高遠藩が耕地面積が少なく米の生産が少ない木曽地方に
豊かな伊那谷の米を送ることになりましたが、木曽山脈(中央アルプス)を超えて送る
のは容易でないので、木曽の住人古畑権兵衛に工事を命じ長い努力の末に拓かれた
峠です。往時は人馬の往来がひきもきらなかったそうですが、明治になり鉄道が敷か
れるとその役目を終え忘れられた存在になっていました、勿論現在も権兵衛峠は車の
通行は可能ですが、道幅も狭く険しい道で一般のドライバーが気軽に走れる道ではあり
ませんでしたし冬場は通行不能でした。そうすると伊那市から木曽の中心木曽福島へ行
こう とすると上の地図 でも判るように飯田まで南下して大平峠を越えて国道19号に出て
北上するか、または塩尻まで北上して南下するしか有りませんでした、そこでこのトンネル
の開通が熱望されていた訳ですが着工から13年の歳月を掛けて漸く今年の2月に供用
開始となったもので、これに依って人と物の流れが大きく変わったそうです、といった薀蓄
はどうでも良いことですが、こんな事を思いながらトンネルを抜けました。

























開田高原への道です。




















開田高原にて、御嶽山が綺麗です。




















道の駅 飛騨高根工房にて昼食。



高山へ入る手前で素晴らしいワインディングロードを発見しました、左の地図には
出ていませんが、ネット上の色々な地図をチェックしましたがどの地図にも完全な
かたちでは掲載されていない道です。左の地図上では右下の美女高原と書いてある
付近から158号線の坊方と書いてある付近を結ぶ飛騨農園街道という広域農道です。




















農道の入り口にある看板です。
延長は凡そ15km2車線の立派な道でその上殆ど通行量が有りません、この日
もすれ違った車は3台、我々の前後に他車は皆無本当に走り易い(悪く言うと
飛ばし放題)道です。何故この道の通行量が少ないかと考えると、実はもう1本
この地域と高山を結ぶ立派な農道、ふるさと農道美女街道と言う道があるのです。
それは、上の地図上で小屋名と書いてある付近と石浦町北とある付近を結ぶ
道でこれは最近の地図には掲載されているようですが、これも相当お金の掛かった
立派な道でこちらの通行量はそこそこあるようです。さらに西側には国道41号線
があり結局この地域と高山を結ぶ道は4本あり、その中で使い勝手の悪い農園
街道の通行量が少ないのだろうと思いますが、これは農道で農水省の管轄で
勿論税金で作られている訳ですが、本当に必要なのかどうか税金の無駄使いじゃ
ないのか、と言った思いは頭をよぎりますがそれはさておきスポーツカーで走る
には誠にもって快適な道です。






















飛騨農園街道はこんな道です。









農園街道を走る参加車 画像クリックで動画。






農園街道を走る様子 画像クリックで動画。
但しこちらは原因は判りませんが1回目の再生ではとぎれとぎれになるかも知れませんが、2回目はスムースに行くと思います。