2007秋のツーリング 




10月20、21日に例によって秋のツーリングを行い、何年か前温泉問題の発端となった
白骨温泉に行ってきました。
白骨温泉や乗鞍高原周辺は今迄何回いも行っており主だった道は走り尽くしている為
コースに困りましたが、今回は先ず何時ものように中央道談合坂SAに集合し名古屋方面
に向かい駒ヶ根ICで降りて中央道と国道153号の間の県道を南下、飯田の少し手前で
国道に出て飯田の先から国道256号で妻籠宿に行きここで昼食をとりました。
昼食の後国道19号を北上し木祖村の薮原で左に折れて山中に入り境峠を越えて乗鞍
スーパー林道で乗鞍高原経由白骨温泉に着きました。
今回のように伊那谷を南下し木曽谷を北上して見ると同じ谷とは云え地形の違いが良く
判ります、伊那側は右手には中央アルプスの山々が迫っているものの左手は少し遠くに
南アルプスの山々が連なりその間には比較的平らな土地が広がっています、対する木曽側
は両側に山々が迫り狭い谷の中を走っている感じです、以前このサイトで江戸時代伊那の
米を権兵衛峠から木曽へ送った話を書きましたがそう云ったいにしえの歴史を感じる思い
でした。


















































談合坂SAを出発、諏訪湖付近を行く Sprite Mk3 と Elan S3。



















駒ヶ根の手前の大黒川PAに集合し休憩。



















途中割愛し、妻籠の駐車場に到着しました、Spriteの下を覗いているのは
何かトラブルか。



















駐車場に並んだG4, Elan, Seven。




 中仙道妻籠宿です、電柱を全て無くすなど往時の面影を良く保存再現しています、一番最初に伝統的建物郡保存地区に指定された場所だと思います。
 此処より一つ京都寄りの宿場が島崎藤村が生まれ又夜明け前の舞台となった馬籠宿です。

 
















妻籠を出発国道19号に出るところ、今回私は F で参加。



 19号線上にて。


 境峠を下ったところにある蕎麦屋兼土産屋の駐車場で小休止、此処は2年前のツーリングで1台のエランがドライブシャフトを折った所です。


 乗鞍スーパー林道にて。山頂付近には雪が有ります、紅葉は写真のように良く有りませんでした。スーパー林道と言っても1.5車線程度の道で
 走って面白い道ではありませんが此処を走っている時の風の冷たさにちょっと早いですが晩秋を感じました、車で走って季節を肌で感じる事が
 出来るのはオープンの醍醐味、クローズドボディーじゃ駄目だろーなーと云った事を思いました。その後全車無事に宿に到着。