2008春のツーリング−1


5月10日と11日に春のツーリングに行ってきました、今回行ったのは志賀高原の麓に湯煙を上げる角間温泉です。3年前のの春にも
行ったばかりで今回で4回目になり、ツーリングで行った温泉では一番回数の多い所だと思います、何故かと言うと明治の面影を残す
建物や鄙びた雰囲気を私が気に入っているという事が一番の理由です、何年かしたら又来ますと宿の方に言ってきました。
今まで3回は志賀高原を越えて行っていましたが、今回はちょっと変えて安曇野から山越えして長野方面出ると言う今までとは反対
廻りのコースで行ってきました。



今回は写真のような分かり易いルートマップを先月British Classic Marathonに一緒に行って頂いた森山さんが作ってくれて参加の皆さん
からも非常に好評で助かりました。私はこのようなものをパソコンで作るのは苦手で今までは極簡単な地図しか配っていませんでした。



例によって中央道談合坂SAに7時半に集合。
生憎の雨模様、その後も降ったり止んだりといった
按配で二日目も朝のうち雨でその後止んだものの
すっきりしない天気でした、今迄の例だと一日は
雨でももう一日はカラリと晴れることが多かったの
ですが、二日共スッキリしない天気と言うのは今回
で35回目のツーリングになりますが過去1回しか
無かったと思います。














雨の中央道を行くエラン、ミジェット。


諏訪湖SAで一休み。



塩尻ICで中央道を降りて、東山山麓広域農道と言う道を
通り松本市内を抜けて安曇野の一番西側を通る山麓線
に入ってきました。
その前の東山山麓広域農道と言う道ですが、国道19号
の東側の丘の中腹を走る道ですが、晴れていれば眼下
に塩尻から松本の町が見え遥か向こうに北アルプス
の山並みを眺めながら走れる非常に快適な道なのですが
生憎の天気で残念でした。












大町の少し手前松川村にある「つばくろ」と言うお蕎麦屋さん
にやって来ました。
蕎麦と天ぷらとおぼろ豆腐がセットになったものを注文
しました、蕎麦も美味しかったし天ぷらもすごく美味しく
近くに来たら又寄りたいと思います。
















大町から小川村へ通じる県道31号線です、中速、高速
コーナーの連続する走り易く面白い道です。去年の秋の
ツーリングはMGFで行きましたが今回はエランで行った
のですが、路面が若干ウェット気味だった為注意を要
したので3速4000〜5000RPM, 80〜100km/hで駆け抜け
ましたが正にfun to driveでした。最新の技術で作られて
ハイグリップタイヤを履いた現代のスポーツカーが早く走
れるのは当たり前ですが、経済性重視で低グリップの細い
タイヤを履いた標準ボディーのエランの場合構造上そう
いった細いタイヤしか履けません、因みに現在履いている
のはスニーカーというBSの最低グレードのタイヤです
40年以上昔の車でしかも特別のチューニングを施して
いないほぼスタンダード状態でこれだけの走りをする
エランは凄いと再認識しました。














小川村のアルプス展望広場と言うところにやって来
した。この時点で雨は止んだのですが、晴れていれ
ば手前の山の向こうに北アルプスの峯峰が見えたの
ですが。
ちょうど此処にお誂え向きの東屋がありお茶を沸かし
暫し歓談小休止。

















その後山越えをして長野市方面に出て一部上信越道
を使い角間温泉越後屋旅館にほぼ予定通り5時頃
辿り着きました。























築100年越後屋旅館の内部です。
温泉ですが、3年前に行った時のページに書いたのですが
今まで来たときは火傷しそうに熱く相当うめないとはいれな
かったのですが、今回は多少熱めながら何とかそのまま
入れる温度でした、源泉の温度が下がったのかあるいは
熱交換器を取り付けたのか?














6時半からの食事風景。























部屋に戻ってからも飲み続けしゃべり続け、最後のグループが解散になったのは午前2時半でした。