2009春のツーリング


5月9.10日に37回目の一泊ツーリングとなる春のツーリングに行ってきました、今回は15台お子さんも入れて25人で北アルプス槍ヶ岳や
穂高、焼岳の西麓に湯煙を上げる奥飛騨温泉郷の新穂高温泉に行ってきました。コースは中央道を諏訪で降りて杖突峠⇒伊那⇒権兵衛
トンネル⇒木曽福島(昼食)⇒開田高原⇒長峰峠⇒飛騨農園街道⇒国道158号線平湯トンネル経由新穂高温泉という一日目我が家起点
で凡そ340kmのコースでした。途中買い物ゲーム、簡単なタイムラリー、クイズなどやりながら全車無事にトラブルなく宿まで辿りつきました。

午前7時に中央道談合坂SAに集合でしたが6時50分
頃私が着くと大半の方が既に集まっていました。





















全員が集まった処でコースの概要を説明し7時半に出発。























中央道からの雪を頂いた南アルプス。
























最初の休憩地杖突峠に集合。

杖突街道を高遠へ向かって、前方は中央アルプス。
























権兵衛トンネル手前の駐車場に集結、ここでエスコートTCが合流。




権兵衛トンネルを抜けて国道19号線で木曾福島へやって来ました、木曾福島は中山道の宿場町であり江戸時代から木曾地方の政治経済
の中心地であり又関所が置かれていました。この関所は四大関所の一つと言われ大変重要な処だったようです、因みに他の三つは碓井(
中山道、軽井沢の近く)箱根(東海道)新居(東海道、静岡)です。
その木曾福島の町の一角に往時の面影を偲ばせる上の段地区が有ります、この古い建物の中を少々改造し食事処としたところが何軒か
有りそのうちの一軒で昼食としました。


此処で皆さんにクイズの問題用紙を配りまし。クイズはツーリングルート上の事柄に関する5問と車に関する5問です、車に関するものは
難しいものではありませんが次のようなものです。

   1、スポーツカーの代名詞(昔の話)MGは何の頭文字でしょう。
   2、ロータスのタイプナンバー、26はエランS1&2、45はエランS3DHC、それでは50はなんでしょう。
   3、上の問題のDHCはなんの略でしょう。
   4、エランの特徴的なシャシー、バックボーンシャシーにそっくりなシャシーを使った日本車が有ります、それはなんでしょう。
   5、1950年代初めに登場したエンジンで、排気量は1000ccを中心に数種類ありますがBMC各車に搭載され先代ミニ
     が生産終了になるまで半世紀近く基本設計を大きく変えずに使われた愛すべきエンジンは何というでしょう。

参考までに答は、

   1、Morris Garage
   2、Elan Plus 2
   3、Drop Head Coupe
   4、トヨタ2000GT
   5、A type engine
ですが全部ご存じだったでしょうか。



昼食後、駐車した処が少し離れていたのでそこまで表通りを歩いてみました、今は国道19号線は町の東側をバイパスしていますが
その前はこの道が国道だったところです。福島は木曾十一宿の一つで木曾の中心としてその昔は栄えたわけですが、今この表通り
にその面影は殆どありませんがでも良く見て行くと所々に往時を忍ばせる建物が見うけられます。


木曾福島を出発、国道361で開田高原の木曾馬の里へ
やって来ました。
ちょっと霞んでいますが残雪の御嶽山が綺麗です。

















仲良く御嶽山を眺めるおじさん二人。


























木曾馬の里の駐車場をスタート地点として簡単なタイムラリーをやって見ました、ゴールは45km先の道の駅.ひだ朝日村です、写真はその
スタート風景。

私ともう一人の方に手伝って頂き先回りして道の駅で
ゴールしてくる車の時間を記録します。

























ゴールの様子です、後ろに僅かに見える残雪の山は北アルプス。
ここから3年程前のツーリングでも走ったことのある飛騨農園街道を通り国道国道158号に出て次の休憩地「赤かぶの里」
を目指します。



飛騨農園街道を快走中、この道、前にも書きましたが名前の通り農水省管轄の農道なのですが、出来て数年以上は経過
していると思われのですが未だに殆どの地図に載っていません、何故なのか謎です。そんな訳で総延長15kmの適度に
ワインディングしたこの道殆ど交通量が有りません、この日もすれ違った車は確か2台程だったような気がします。

158号沿いの「赤かぶの里」で小休止。




















158号を平湯に向けて快走するエスコート、
宿までは後30分位。






















午後5時やっと宿に着きました、早速風呂へ、渓流沿い
の露天風呂は楽に200人以上が入れるとても大きな
風呂で温度のちょうど良く非常に快適でした。






















風呂の後はビールで乾杯。




部屋に戻って又酒盛り、最初少なかった酒瓶も暫くするとご覧の
通り、わいわい言いながら楽しく飲んで完全にお開きになった
のは午前1時頃。




















明けて翌朝先ずは朝風呂。





























朝食を終え帰り支度をして帰途につきます。


















途中158号沢渡の先にある道の駅「風穴の里」で休憩、
この日は天気も良く又高速の1000円効果のせいなのか
ことの外交通量が多くこの先渋滞も予想されたので早め
にここで解散して各々早めに帰途に就いてもらう事にしま
した。


















と云うことで仲良く帰途に就く最年長3人組。


以上ような事で今回も無事故、無故障で全行程凡そ
600km(私の場合)無事に終わる事が出来ました、
ご参加頂いた皆さんありがとうございました。

次回秋は10月31日、11月1日を予定しています、
大分先ではありますが予定空けておいて下さいね。