2010 British Classic Marathon


今年も4月17、18日に愛知県岡崎市で開催された[British Classic Marathon]に参加して来ました、このイベントは今回で17回目になるそうで
すが私個人としては7回目の参加になります。
今回は中村さんと一緒に中村さんのElan S1でナビとして参加して来ました例によって前日の16日に出発して何時もの三ヶ根山の宿に泊まりまし
たが夜の模様は省略。
以下Sevenの真鍋さん、そのサポートで参加された大澤さんが撮影された写真も使わせて頂いてレポートします。

明けて17日朝6時宿を出発、ジャガーはセブンのサポートカー。


会場に着いて見ると未だ準備中でした。






















去年一緒にElanで参加した伊藤さん(左)、今回は
MGAでご友人のフランス人ユべルさんと参加。




















スタート前に記念撮影。




























いよいよスタート、古い順なので一番古いラゴンダが最初のスタート。

こちらは真鍋さんのSeven S1、ヘルメットとゴーグル
が雰囲気を盛り上げています。






















スタートんお1分程前にこの様なコマ地図が渡されます、これに従って岡崎から富山県の砺波市まで行くのですが、今回の走行距離は
今迄で最も長く二日で700km弱でした。その700kmの間にゴールを含めて7か所のチェックポイントが有りチェックポイント間を主催者
側が設定した時間にどれだけ近い時間で走るかを競う遊びですが誤差1分に付き1ポイント、ただし早着の場合は10ポイント加算になり
総合でポイントが少ない車が勝ちになります。コマ地図内には平均スピードに関するヒントが書かれていてそれを基に周囲の道路状況
などから設定時間を推理していく訳ですが10ポイント加算されるので早着は避けなければなりません。
去年私は伊藤さんと一緒に参加して1日目の成績が4位だたので2日目頑張って上位入賞を目指したのですがちょっとしたトラブルが
有った為大幅に遅れて結果振るわなかったので今年は上位入賞を目指してスタートしました。

岡崎ICから東名高速→東海環状→中央道と走ります。
前を行くエランとコルティナ。
























中央道を恵那で降りて一般道へ場所は?





















早くも第1CPに到着、ここまで凡そ150km。























第1CPにて、我々と隣は百瀬夫人と吉川夫人の女性ペア。

次に郡上八幡から東海北陸道を走行、残雪の山が美しい
山の名は? 大日岳?























なかなか良い写真です、私が撮ったものじゃありませんが。
さながらヨーロッパ大陸が舞台の[Classic Marathon]の一コマか。

山間部のワインディングを行く。
























第2CPに到着、ここでヒルクライムとスーパースローという
遊びをします。
スーパースローは10mを16秒掛けて走る(?)もの、
ヒルクライムは場所の制約もあるのでしょう、210mを
19秒か23秒で走るかどちらかを選択。
それぞれで1位になると10ポイントのアドバンテイジが
もらえます。
我々はスーパースローはまずまずでしたがヒルクライム
はミスコース。

ヒルクライムのスタートをするXKE.
















第2CPにてカレーの昼食






















大分間が空きますが古川から富山に向かう
国道41号を走るエラン。



















またまた大分間が空きますが1日目のゴール直前で
時間調整中。





















Sevenが無事ゴール。


























我々も無事ゴール、多くの車がまだゴールしていません。






















全車ゴールしてしばしの休息の後ウェルカムパーティーの
始まりです。




















主催者のご挨拶。
























先ずは初日お疲れ様の乾杯。






















さまざま賞が発表され賞品が贈られましたが
我々のグループの人達も沢山の賞品をgetしていました、
中には3つの賞を頂いた方も居りました。

なにやら良さそうなバッグを頂いています。





















真鍋夫妻はヘルメットとゴーグルが功を奏してか
British Spiritに輝く。























我々、中村さんと私もスーパースロー1位に輝きました、
10mを16秒ジャストだったとのことです、まーただの偶然
の結果ですが。
この事によって10ポイントのアドバンテージを頂き、1日目
のラリー結果4位に入りました、去年はアドバンテージ無で
4位だったんですが。

























パーティーの終わりにグループ全員で1枚。


2日目の朝、皆さんスタート準備中、原則として1日目の成績順にスタートします、ですから我々は4番目のスタート。

さー2日目のスタートです。





















スタート直後、砺波市内を行くコルティナ。

しかし此処で大きな誤算が、この先で北陸道に入ると
思って居りその手前のGSで給油しようと考えていたのですが
そうではなく一般道を山間部に入ってしまいました。

















GSなど無さそうな山道です、この時点で燃料計の針はEと1/4の間
大丈夫とは思いましたがいささか不安です。





















なんとか第5CPに到着、このCPの隣がGSだったんですが
田舎の事とて日曜日で休業。
中村さんが近くにいた地元のグループの方と話をしてみると
その中の一人がGSの経営者の方、事情を話すと「レギュラー
しか無いだよねー、それで良ければ入れてあげるけど」との事。


















一寸迷いましたがお願いして10Lだけ入れて頂きました、
これで安心。






















その後一部東海北陸道を使いせせらぎ街道までやって来ました。

信号のない適度にワインディングした非常にfun to drive な道です。
今迄この4月のイベントでしか走った事が無いのですが新緑や紅葉
の時季に走って見たいものです。

















第6CPの手前で時間調整。























第6CPに到着。























朝4番目にスタートしたんですが後からスタートした車が
既にこれだけ先に来ています。
ここで昼食。



















第6CPから大部分高速道路を走り岡崎中央公園のに
無事ゴ
ールしました。























仲間の車がゴールして来ました、しかしこの時Sevenにチョット深刻な不具合が、ゴール直前でクラッチペダルのピボットボルトが
折損してしまいクラッチが切れなくなってしまいました。
点検してみましたがその場での修理は不可能だったのでどうするか色々考えて、結局ローダーをレンタカーして持って帰ろうと云う事になり
周辺のレンタカー業者に聞いた処なんとか4軒目で空いている車を見つける事が出来ました。

Sevenの対応をしている間に表彰式が行われ我々、中村さんと
私は総合3位に入っていました。
私はその場にいなかった為私の代わりに百瀬夫人が表彰台に
上がってくれましたが残念ながらその写真が有りません。

左はその後での記念撮影。

今回は前回のリベンジのつもりで事前準備をそれなりに
していったので多少の自信はありましたが3位入賞良かった
です。















Sevenをトラックに積んで帰ります。























その夜は中央道土岐ICから10分程の鬼岩温泉と云う処に宿泊、入賞の祝杯を上げました。

翌朝、出発準備中。

宿の前で記念撮影。

宿から15分程の旧中山道細久手宿に立ち寄って見ました。

大黒屋と云う旧脇本陣、登録有形文化財で現在も旅館として営業しています、中村さんのゴルフ仲間の方の御親戚が経営されている
とのことで当初18日の夜は此処に宿泊しようと考えていたのですが生憎街道歩きの人達で予約がいっぱいとの事で断念した経緯が有ります。
それで帰り道に立ち寄らせて頂きました。


ご厚意で中を見学させて頂き、ご主人から色々とお話を伺いお茶までご馳走になってしまいました。
この後飯田へ出てっ中央道で帰途に着き4時過ぎに無事帰還しました。


後日撮った写真です。