2016秋のツーリング



10月29,30日に秋のツーリングに行って来ました、今回は長野県に隣接する新潟県の妙高山の麓に
湯煙を上げる燕温泉に行ってきました。






7時に何時もの様に中央道談合坂SAに集合、今回は少々少なめの9台13人となりました。



中央道を須玉ICど降りて国道141を北上清里の手前の道の駅「南きよさと」で休憩。



R141を北上しR18に出て中軽井沢からR146を草津方面に北上し始めたところです。



R146から鬼押しハイウェイを北上します。







鬼押しハイウェイから万座ハイウェイに入り途中にある嬬恋プリンスホテルに到着、ここで昼食です。



万座ハイウェイで万座温泉を過ぎて志賀草津道路に入った所で雲の中に突入。



志賀高原を下り信州中野ICから上信越道に乗りました、このころには天気は完全に回復し空には見事な虹が。
妙高高原ICを降りれば燕温泉はもう直ぐです。



午後4時過ぎ宿に到着。



温泉に浸かって食事の時間、「花文」という旅館ですが、白濁した温泉で勿論かけ流しで入った後二三日
体に匂いが残っているような濃い泉質です。





部屋に戻ってからの酒盛り、私は疲れて9時過ぎに寝てしまったんですがかなり遅くまで続いたようです。

  


                                                                                         





二日目の朝、宿の裏の景色です。





生憎一寸雲に隠れてしまっていますが山の上は霧氷で白くなっています、冬と秋が混在する眺めです。



温泉街を下から望む。



出発前に記念撮影。





9時半に宿を出発して斑尾高原にやって来ました。
この後飯山に降りて豊田飯山ICから上信越道に乗り少し先の小布施PAで解散しました、まずまず天候に恵まれた
距離的には少々ハードなツーリングでした。



解散した後、吉川さん夫妻、百瀬さん夫妻、中村さんと私の6人は木曽の瀧見温泉へ向かいました、
松茸を味わおうという作戦です。高速をそのまま長野道に入り松本ICで降りてR19を南下します。



木曽の奈良井の少し手前の蕎麦屋で昼食。



わさび蕎麦を注文、普通のざる蕎麦に生わさびが付いてくるだけですがなかなか美味いそばでした。



午後4時滝見温泉滝見の家に到着、ここに泊まるのは四度目か。



早速温泉に浸かり疲れを癒します。



これから頂く松茸、期待が膨らみます。





囲炉裏を囲んで食事の始まり



松茸を焼きます、土瓶蒸しも出て久し振り松茸を堪能しました。






                                                                                 
                                                                                 




10月31日の朝





この後9時半に宿を出発、R256で飯田に出てR153の東側の交通量の少ない県道を北上高遠に出ました。





高遠で丁度お昼時になったので何度か来たことのある高遠そばのお店へ。



高遠蕎麦、普通のざるそばですが、焼きみそのタレとクルミのタレで頂きます。
この後杖突街道で諏訪に出で中央道でか売って来ました。



中央道からの富士山。
午後4時過ぎに無事帰還、3日間の走行距離840kmでした。