2017春のツーリング



5月13,14日に乗鞍高原へ春のツーリングに行ってきました、残念ながら初日は雨となってしまい、事前の予報
で覚悟していたとは言えテンションが下がるのは否めません、幸い二日目は快晴に恵まれましたが。
今まで52回のツーリングでは3回に1回位雨に発れていますが幸い二日共雨だったのは2回位でしょうか。







7時30分に中央道談合坂SAに集合、雨が降って居いるので説明もそこそこに出発中央道を西へ走ります。



中央道を小淵沢ICで降りて八ヶ岳南山麓を巻くように通る鉢巻道路を行く



鉢巻道路の終点からほど近い何回か来た事のある農業実践大学の売店駐車場に到着。
まだ時間が早く売店も閉まっていてご覧のような天気で景色も見えずでトイレだけ済ませて出発。
ここから八ヶ岳エコーラインを通り大門街道で白樺湖を経てビーナスラインに出ます。



ビーナスラインに入り標高が上がるにつれて雲の中へ。



ビーナスラインの途中霧ヶ峰にある霧の駅に到着したエラン3台、後続車は遅れているようです。



かなり寒かったのでホットコーヒーで暖を取る。
ここからビーナスラインを外れて県道で諏訪に降り杖突峠を超えて高遠へ向かいます、そこで昼食です。





12時少し前に高遠のさくらホテルに到着、それほど酷くないもののずっと雨。





 

ここで昼食、ランチセットを予約してたんですが値段の割には内容豊富な非常にお得なランチでした。
ここから伊那市を通り権兵衛トンネルを抜けて木曽へ出て藪原から境峠を越えて奈川に向かいます。







権兵衛トンネルを抜け境峠を越えて奈川のそばの里に到着、ここで暫し休憩。
当初ここから乗鞍スーパー林道を通り乗鞍高原に行く予定でしたが狭いクネクネ道は止めて県道を
そのまま進み奈川ダムの処で国道158号に出て乗鞍高原に廻り込むことにしました。







国道158号に出て暫く走ったところでトラブル発生、黄エランがトンネルの中でエンジンが止まってしまいました。
惰力で何とかトンネルを抜けたすぐ先に幸い駐車スペースがあり何とか車を停めることが出来ました。
点検した処、IGスイッチを入れてもチャージランプが点灯しませんが燃料ポンプ等は動いています、スターター
を回そうとすると殆ど回りません、他の車とバッテリーを繋ぐとスターターが回って始動しました。
どうやらオールタネーターの不良で充電されていなかったようです、そのためバッテリー容量が低下してトンネル
内でヘッドライトを点燈したため点火系への電力供給が減ってエンジンが止まってしまったようです。
幸い予備のオールタネーターは持っていたんですがこの場所で交換は出来ないにので、まだ明るく宿もそれほど
遠くなかったので残りのバッテリー容量で行けるだろうと判断しこのまま行くことにし翌朝オールタネーターを
交換することにしました。



ということで4時半頃全車無事宿に到着。



早速温泉です、白濁の湯で源泉かけ流しです。

 



何本もの酒瓶が空になり夜が更けていきました。




明けて翌朝、前日とは打って変わっての快晴です。



春まだ浅き乗鞍高原、残雪の乗鞍岳。





朝食前にオールタネーターを交換します。





出発前に記念撮影。



宿から2~3分上った所の駐車スペースに車を置き歩いて10分程の善五郎の滝に向かいます。





善五郎の滝、善五郎とは釣り師の名前だそうです、昔善五郎が大きな岩魚に引き込まれて見つけた滝で
その名前が付いたそうです、落差21.5m,幅8mのようです。



ここから山を下り松本の少し手前の波田にある蕎麦屋へ向かいます。



蕎麦屋に到着、ツーリングの際に寄るのは3回目か。







見た目の外観は冴えない蕎麦屋ですが十割の美味い蕎麦が出てきます、ただ少々汁が薄いのが難点ですが。

この後少し先の中央道松本ICから高速に乗り帰途に就きます。



中央道八ヶ岳PAで休憩、解散。
その後皆さん無事ご自分のガレージに帰還されたようです。
今回の総走行距離、私の場合で530kmでした。