2018春のツーリング



5月12,13日恒例の春のツーリングで群馬の沢渡温泉に行ってきました、前回のツーリングでは2日
共雨にたたられて散々でしたが今回はまずまずの天気に恵まれて気持ちの良い走りを楽しむことが出来ました。




今回のコース、270km程の比較的ゆったりとしたコースでした



何時もの様に朝7時半に中央道下り談合坂SAに集合8時前に出発、甲府盆地からの八ヶ岳連峰。





中央道を韮崎で降りて茅ヶ岳広域農道の途中にてそれぞれ南アルプス、八ヶ岳連峰をバックに。





国道141沿いの道の駅「南きよさと」で休憩



国道141を北上し八千穂で国道299に入った所で遅れている後続車を待ちます。
この後この先直ぐを右に入りgoogle mapを見ていて発見した佐久南部広域農道を走ります。



佐久南部広域農道(写真はストリートビューから借用)距離はそれほど長くありませんが
交通量の少ない快適な道です。
この後つい先日4月末に延長された中部横断道に入ります。



4月の末に中部横断道が佐久南から八千穂高原まで10数キロ延長され途中の佐久臼田から乗りました、
開通したての道、なかなか気持ちの良いものです。





中部横断道から上信越道に入り小諸ICで降りて直ぐのマンズワイン小諸ワイナリにやって来ました。
ここのレストランで昼食なんですが12時の予約で11時に着いてしまいました、そこで急遽工場見学をして
時間を潰すことにしました。
見学の申し込みをすると11時半からで所要30分とのことでおあつらえ向きでした。

見学の説明によるとマンズワインは山梨の勝沼とこの長野の小諸にワイナリがあり勝沼では輸入原料も使い
比較的低価格のものを量産していて此方小諸では長野産の原料のみを使い少数生産しているそうです。



此方は試飲コーナー、だけどドライバーはジュースだけ。





見晴らしの良いレストランでの昼食、トマトソースのパスタを頂きました



昼食後、小諸から湯ノ丸高原を越えて今まで何度か来ている嬬恋パノラマラインに入り愛妻の丘にやって来ました。
ここでヒーレーの下に水が垂れていたので点検しましたが心配するほどのことはありませんでした、ヒーレーの後ろ
ではセブンがプラグの不調で点検しています、ここは標高がかなり高いのでその影響かも知れません。











以上」パノラマラインの風景です、ちょっと北海道に似た雄大な景色の中を走る快適な道です。
この後草津に出て道の駅で休憩、日本ロマンチック街道暮坂峠を越えて沢渡温泉に向かいます。



暮坂峠への道





午後4時無事沢渡温泉まるほん旅館に到着

l

早速温泉へ、風呂場に続く階段、なかなか風情があります。





なかなか良い雰囲気の浴室です。
ここ沢渡温泉は昔から「草津の仕上げ湯」と言われ、草津温泉に湯治に来て草津の
強酸性の湯で傷んだ肌をここの柔らかい湯で癒してから帰ったことからそう言われているそうです。



夕食風景。





夕食後の部屋での一コマ。






2日目の朝、この日は午後から雨の予報だったので寄り道をせずまっすぐ帰ることにして9時半に宿を出発
渋川伊香保ICから関越道に乗り帰宅の途に就きました、皆さん雨の降りだし前に無事帰還されたようです