MG Midget アウターシル交換



MG Midgetのボディーで腐食し易い部分と言うのが何か所ありますがサイドシルはその典型的な部分です。
私は板金に関しては全くの素人ですが事情が有ってお客様のMidgetのアウターシルの交換を行う事になりました、
せっかくなのでレポートしてみることにしました。




写真で見るとそれほどでも無さそうですが実際はかなり酷い状態です。



部分的に切ってよく見ると一度補修済で、腐ったオリジナルパネルの上に一枚鉄板を当てて修理して有りました。



リヤーフェンダー前部、この部分も腐っていたのとアウターシル交換には必要なので切り取りました。




アウターシルはスポット溶接されているのでスポットカッターで一つ一つ剥がしていきます、その数100箇所くらいか。



スポット溶接を剥がしていきます。




Aピラー下部は穴だけ塞いで活かそうと思ったんですが穴から中を見るとかなり酷そうです。




表側を切って中を見てみると腐食が進んでいるので結局この部分も切断する事にしました。



Aピラーの下をカットしました。






交換用のアウターシルです。



本来はスポット溶接ですがスポット溶接機と云った高価な物はないのでドリルで穴をあけてその部分をMAG溶接していきます、




インナーシルは極力錆を落とし防錆処理しました。




アウターシルを仮止めします。




穴の部分を溶接していきます。




Aピラー下部のドアーのヒンジを取り付ける部分です。




上の部品をAピラー下部にこの様に取り付けます。




更に部品として出ているAピラー下部のリペアパネルを必要な長さに切って溶接します。



表面を綺麗にします。




リヤーフェンダー前部もリペアパネルが販売されているのでこれを溶接します。







溶接部分をパテで仕上げてサフェーサーを入れました、アウターシルの交換初めてやりましたが
何んとかまとまりました。




塗装は色合わせが出来ないので塗装屋さんにお願いしました。
溶接機さえあれば出来るのでご自分でレストアしよう考えている方挑戦してみては如何でしょう。