Lotus Elan Series 1 Restore Project



左のエランS1はシャシーナンバー 26080と言う極初期の1台です。実は12年前の1989年に英国より購入し、当初2年程は販売努力をしたのですが何故か売れ残ってしまい、その後この車に関しては販売努力は殆どせずにガレージの一番角に10年間眠っていました。購入当初は勿論好調に走る状態で問題なく販売できる状態でしたが10年間なにも手入れをせずにおいておいた為、
機械部分は相当手を入れないといけない状態になってしまい
又ペイントも傷みが出て来てしまいました。しかしこのまま何時までも置いておくと言うわけにもいかないのでこの際レストアをしようということにしました。といっても暇な時間に作業をすることになるので、完成するのは早くて2〜3年先と言う事になるでしょう。 現時点で考えているのは、シャシーは交換エンジン、ギヤボックス、デフなどは全てオーバーホール、ボディーワークは私の専門分野ではありませんが経費を出来るだけ安く上げる為、剥離、FRPの補修、塗装は全て自分で行う、と言う計画です。 






















室内の状態です。アッシュトレーの付いたコンソール、写真では分かりませんが裏側にリベットの付いたステアリングホイールはS1の極初期の装備です。
ただ、残念と言うか悔しいと言うか、セテアリングホイールのホーンボタンは、御客を装って車を見に来た誰かに盗まれてしまいました。
















この車、かなりオリジナル性は高いのですが、ちょっと残念なのがエンジンが違っていることです。と言っても写真の通りロータスT/Cですが、シリンダーブロックが通称スプリントブロックと呼ばれるキャスティングナンバー701Mのものに、またシリンダーヘッドも1966〜7年頃のサンドキャストの物に替えられています、多分過去にエンジンをブローアップさせてしまい手に入り易い部品を使って修理したものと思われます。




今後1〜2ヶ月毎に進行状況をレポートしていきます。

17 June 01





*進行状況 その1  18 July "01
*進行状況 その2  12 Nov "01
*進行状況 その3  30 Nov "01
*進行状況 その4   7 Jan "02
*進行状況 その5  16 Feb "02
*進行状況 その6   2 May "02

*進行状況 その7  22 Nov "02
*進行状況 その8 16 Jan”03 
*進行状況 その9 13 Apr ”03
 最終回