進行状況 3

ようやくボディー下地の補修調整が大体終わりました。フロントにクラシュした形跡があり、それをかなりラフなやり方で直してあった為その部分を補修し直したり、ゲルコートがひび割れしている所はサンディングで削り落としガラスマットを貼りなおしパテで仕上げ、また塗装の剥離時についた細かな傷をパテで補修しました。



























左ドアは剥離してみると補修跡がありパネル状態があまり良くなかった
為、ガラスマットを貼りなおし全面にパテを入れて補修しました。



















パテを研いで仕上がったところです。












メインボディーを補修しているところです。
なかなか上手く面が出ない為、パテ入れとパテ研ぎの繰り返しです。














エンジンフードの後半部分が僅かに下に窪んでいた為パテで修正しようとしたのですが、パテを入れても入れても原因は分かりませんがパネルが下へ歪んでしまい歪みが修正出来ません。そこで仕方なく後半部分を台形に切り抜いてしまいました。
そして切り抜いた部分と同じ形の1プライのFRPパネルを作り切り抜いた部分にガムテープで固定しました。









そして裏からガラスマットを2枚はりさらに表側にも1枚貼ってパテで仕上げました。

















仕上がった状態です。





































下地の補修がほぼ終わった状態です、このまま何ヶ月か放置して
パテが落ち着くのを待ちます。下地の処理に万一不手際があれば
その間に不具合として出てくるでしょうからその時点で補修します、
又その間に不具合が出なければその後も下地からの不具合は
発生しないでしょう。
この後はエンジン、シャシー廻りの作業に入ります。