進行状況その6の2

 組み上がったエンジンです。
 カムカバーは本来薄いブルーのハンマートーンと言う塗装がS1の純正
 なのですが、塗料がかなり高価で他に使う機会も殆ど無い為今回は
 黒のちじみ塗装にしました。
















 エンジンを載せているところです。
 エランの場合、エンジン、ギヤボックスの脱着は別々でないと出来
 ません、一体では脱着出来ません。ですからギヤボックスだけの
 整備の時でも、先ずエンジンを下しそれからギヤボックスを下すと
 いうことになり、乗せる時も先ずギヤボックスを入れてエンジンを
 乗せると言うことになります、これはシャシーだけの時も同じです。





































 組み上がったシャシーです。



















次の作業はボディーにサフェーサーを吹いて色を入れることになります。実は御客様が決まって御客様の希望で黄色に塗ることになっています。