進行状況その6

今回はエンジンを組み、リヤーサスペンションを組み付け、エンジン ギヤボクッス デフをシャシーに搭載しました。
エンジンはシリンダーをボーリングし新しいピストンを入れ、メイン及びコンロッドベアリングを交換、ヘッド廻りはバルブ及びガイドブッシュそれとバルブスプリングを交換しました。


 ボーリングが終わったシリンダです、作業はマシンショップに依頼
 しました。 ピストンクリアランスは0.06mmに仕上げてありま
 す。
















 メインベアリングの油隙間を測定しているところです。
 測定方法はプラスティゲージという材質は良く判りませんが、太
 さがコンマ数ミリの極細い柔らかい棒状のものをジャーナルとベ
 アリングの間に入れてベアリングキャプを規定トルクで締め付け
 てからキャップを外しそのつぶれ具合で隙間を判断するものです
 。ところでこの油隙間の基準はジャーナルの径に依っても若干
 違いますが大体のところは小型車のガソリンエンジンであれば
 およそ0.03〜0.07mm位でしょうか、これより狭いと焼付く
 可能性があり広いと異音がしたり油圧低下の原因になります。
 実際の判断は写真の様にゲージの紙のケースに印刷された基準
 の幅と比べて判断します。この場合はおよそ0.05mmといった
 ところで問題はなさそうです。この様に5箇所のメインベアリング
 と4箇所のコンロッドベアリングの隙間を計ります。


 クランクシャフトのスラスト方向の隙間を測定しているところです。
 隙間が基準よりも大きい場合は厚めのスラストベアリングを入れ
 て調整します。




















 ロータスT/Cの特徴であるタイミングチェーンカバーに組みこま
 れたウォーターポンプです。




















 マシンショップに依頼しバルブシートを研磨しました。これから擦り合わせを
 します。


















 タコ棒とコンパウンドを使い擦り合わせをします。



















 当たりの確認です、バルブに光明丹を塗りシートに1回だけ叩き付け
 ます。



















 光明丹の付き具合を見て判断します、綺麗に当たりが出ています。