進行状況その7

前回のレポ^ト空7ヶ月も経ってしまいました、ペイント作業に入ろうかという時に梅雨に入ってしまったり、その後に他の仕事があったりとでなかなか作業が進みませんでしたが、やっとペイント作業が終わりました。

サフェーサーを吹いたところです。

 サフェーサーを水研ぎしますが、研ぎ残しのないように
 黒の缶スプレーをガイドコートとして吹きました、この黒
 が完全に無くなるように研げば良い訳です。















 これが先ず320番で粗研ぎした状態です、このあと更に
 800番で水研ぎします。
















サフェーサーの水研ぎが完全に終わったら上塗りをする訳ですが、上塗り塗料をアクリルにするかウレタンにするか悩みました。現在補修用上塗り塗料は完全にウレタン塗料が主流でアクリル塗料が使われることは殆どないようです、性能的にも耐久性、退色性、補修性などウレタンの方が格段に優れているようです。ただ、塗り肌が磨いた後もウレタンはテカテカした感じの肌になり古い車にはあまり合わないような気がします、是に対しアクリルは磨いた後しっとりした感じの肌になり古い車に相応しい気がします、という事で色々迷いましたが結局性能的なものを重視してウレタン塗料を使うことにしました。

 上塗りが終わりさらに磨き終えたところです。
 塗装に関しては殆ど素人ですのでかなり苦労し
 ました。部分的にかなりなユズ肌になってしまった
 り、タレてしまったりと本当に塗装は難しいです。
 不具合部分は研ぎ下して塗り直し、全体を1200
 番で水研ぎし3種類のコンパウンドと3種類のバ
 フを使って磨き終えた状態が左の写真です、
 まずまずの仕上がりではないかと思っています。