Sprite MkV 中速以上でボディー振動

かなり状態の良いSprite MkVを買い取りしたのですが、試運転して見ると凡そ60Km/h以上でボディー振動する事が判りました。ステアリングホイールには振動
は感じないのでフロントホイールまわりのアンバランスによるものではないと想像されました。原因は後に説明しますが、今迄経験した事の無い原因だったので
この項目のネタにしてみました。まー通常最初に考えるのは後ろのホイール&タイヤのアンバランスや振れですが、私もそう考えて前後のタイヤを入れ替えてみ
ました、しかし状況は全く変わりません、タイヤが原因ではないと言うことです。回転部分のアンバランスが原因で振動が発生するのだろうと思うのですが、他に
考えられる箇所はエンジン、ギヤボックス、プロペラシャフト、デフ、ハーフシャフト、ブレーキドラムなどです。先ずエンジンは回転を上げても振動は出ませんでした
ので違います、プロペラシャフトはMidget MkVの在庫車があったのでその車の物と入れ替えてみましたが状況は変わりません、念のため今迄付いていたプロペラ
シャフトをバランス調整に出しましたがアンバランスは無いという事でした。で次に後ろをジャッキアップして左右のハーフシャフトとブレーキドラムを外して回して見
ましたがそれでもやはり振動が出ます。

あと残るはギヤボックスとデフですが、デフの
中のギヤのアンバランスで振動が出るとは極
めて考え難いので、あと考えたのは左図で
54番のギヤボックスにプロペラシャフトの
ヨーク部が挿入される部分のブッシュの磨耗
か、あるいは非常に考え難いけれども52番の
メインシャフトの曲がりかな?と思いました。
Spridgetの場合車上ではプロペラシャフトの
挿入部のガタの点検は出来ないのですが
幸いと言うかなんと言うかこの車2速のシン
クロの効きが悪くギヤボックスを分解して修理
しなければなりませんでした。そこで早速ギヤ
ボックスを降ろしてプロペラシャフトをギヤボック
スに挿入してみるとかなりガタが有る事が判り
ました。そこでシンクロを直すと同時に54番の
ブッシュを交換して組付けて車に載せて試運転
したところ振動は収まっていました。
ブッシュの磨耗によりガタが出てシャフトが踊っ
て振動」が出ていたようですが、外したブッシュ
を見るとかなり条痕磨耗しているようです、なぜ
このように磨耗したかわ判りませんが販売先も
決まっていたのでとにかく直ってほっとしました。





    Spridget のギヤボックス分解図   Moss Motors のweb siteより借用