露天風呂はこんな感じ、無色透明殆ど無臭温度は極めて適温勿論源泉掛け流し。

さて、山から下りて今は大町市になりましたが旧美麻村新行地区の「美郷」
と云うお蕎麦屋さんにやって来ました、安曇野まで来て蕎麦を食べない訳に
はいきません、この新行地区と云うのは蕎麦で有名なところらしいです。

晩秋の安曇野へ

午後6時45分無事帰還、ちょうど13時間走行距離は500kmでした。
多分9時間以上はステアリングを握っていたと思いますが、こう云った
古車で日帰り500kmはかなり疲れます。

鷹狩山から下りてくる途中で、鷹狩山への道はこんな感じの道で舗装はされて
いますがあまり広くありません、。

ちょっと雲が掛ってしまいましたが中央が双耳峯の鹿島槍ガ岳。

その後松本市内を抜けて安曇野の西側を通る山麓線を走り大町に向かいます。

道路脇にスペースがあったので北アルプスをバックに1枚。

こんな感じの道です。

小一時間程温泉で時間をつぶした後南下して波田町に向かいました。

盛り蕎麦です、タンポポの天ぷらがついてきました、蕎麦は気持ち太目で歯応
があり汁は濃いめ量は普通盛りでも少々大目でした、美味しかったです。

同じ場所からアップで撮った奥穂高岳。

中央道から長野道に入り塩尻ICで降りて東山山麓広域農道という道に入りました
この道は丘の中腹を通る道で視界の下に塩尻から松本にかけての街並みがその
彼方には北アルプスが望めるというなかなか快適な道です。

前日の予報で大町の天候を確認し朝5時45分に出発、
未だ夜は明け切れず。

11月11日新雪の北アルプスが見たいと思い晩秋の安曇野へエランで行ってきました
本当は楽チンな足車で行きたい処ですがそうするとこのページのネタにはなり難いので
頑張ってエランで行ってきました。
一番の目的地は大町郊外の鷹狩山です、此処は以前にも一度行った事があるのです
がとにかく素晴らしい展望が望める場所です。

盛り蕎麦は150gと250gが選べるのですが新行で食べた蕎麦が普通盛りの
割にわ量が多かったので今回は150gを注文。汁は出汁が効いた薄味で蕎麦
も十割なのに口当たりが良くすごく美味しい蕎麦です。

その後塩尻から高速に乗り帰途に就きました。

波田町の「夫婦堤十割そば盛」と云う蕎麦屋さんにやって来ました、非常に分かり難い
場所にあり2年前に二人で来た時は日没後で暗くて場所が判らず仕方なく引き返し
去年又二人で来た時に迷いながら何とか辿り着きました、今回は一人でほぼ迷わずに
何とかたどり着く事が出来ました。
外観は少々ショボイ感じですがなかなか美味しい地粉の十割蕎麦を出す処です。

蕎麦の後は温泉と云う事で大町から20分位の葛温泉にやって来ました、
此処は2年前の12月にMGFで雪の中来た事がありますがその時は高瀬館
と云う旅館の風呂に入ったので今回は仙人閣と云う宿の風呂に入ってみまし
た、

山頂からの眺めです、素晴らしいです以前アップした伊那の陣馬形山からの眺め
甲乙つけ難い素晴らしい眺めです、南は常念岳付近から白馬三山まで見る事が
出来ます。

鷹狩山山頂に到着しました。

何時もの様に八ヶ岳PAにて休憩、後ろは八ヶ岳。

例によって中央道韮崎付近からの八ヶ岳、未だ冠雪していません。